公証役場で公正証書遺言の検索ができます

部屋を片付けたが自筆証書遺言は見当たらなかったとのことで、遺産分割協議に入る前に、公正証書遺言を残していないか確認しましょう。
公正証書遺言があるのに遺産分割協議をしても、後日遺言があることが判明したら相続のやり直しになってしまいます。

 

公正証書遺言があるかどうかはお近くの公証役場で検索できます。(被相続人が遺言を残した役場でなくても確認できます)
なお、公正証書遺言があることが分かり、謄本を請求をする場合は、作成した公証役場で手続することが必要です。

 

【公正証書遺言の調査に必要となる書類】

 

◇相続人が行く場合

遺言者の死亡を証明する書類 被相続人の戸籍謄本や死亡診断書
請求人の利害関係を証明する書類 遺言者の相続人であることを確認できる戸籍謄本
請求人の身分を証明する書類 請求者の運転免許証等の顔写真付き身分証明書と認印

 

◇行政書士などの代理人が行く場合
上記3点に加えて、以下の書類が必要です。

相続人から代理人への委任状 代理したことの証明になります。委任する人の実印を押します。
代理人の本人確認資料 代理人の免許証等

お問合せはこちら

お問合せ

お電話やメール、お問合せフォームにてお気軽にお問い合わせください。

電話対応 10:00〜19:00
TEL 0120-897-198
MAIL support@gyousei-net.com

LINEでかんたん申込・問い合わせ

お問合せ

ラインで問合せ、申込が可能です。IDまたはQRコードでご登録ください。
ラインID syoshidaline
QRコード ライン
業務一覧・料金表はこちら
トップへ戻る